« EXIGA-GP60 | トップページ | OIL交換 »

2013年4月21日 (日)

シート張替

ボル号のシートの表皮を張り替えました。

シート自体は、サゴウ工芸 で、アンコ抜き&スポンジ素材変更していたので、お尻も痛くならない良いシートですhappy01

加工に出したのは、茨城県水戸市にあるアトリエ、ビーンズ  

P10501181

加工の精度が高いです。 加工シートにありがちの、端の部分のヨレがないです。今までタンクとシート先端が1cm位隙間があったのですが、そちらも調整して貰いましたhappy01

P10501191

タンクとシートの隙間が無くなりました。タッカーの打ち方もタンクなどを傷つけることの無いように、丁寧に加工されています。 先端部分は、カーボン調の表皮にしていますが、縫い合わせることで、タンクとのフィット性を調整しているようです。この辺は加工前に、お店の人との話し合いをして、お任せした部分です。

P10501201

全体のディンプル素材と後部サイドのカーボン調素材との境目に赤のパイピングでアクセントを付けました。

実は、前部と後部の境目部分に、赤い糸でのステッチ加工をするようにオーダーしたのですが、忘れちゃったみたいです(爆) まぁ、デザイン的に迷っていた部分なので、無くて良かったかもsign02 クレームはせずに、ヨシとしますhappy01

P10501211

さりげなくモデファイできたのが良いですね。まだ試乗していないですが、ディンプル素材は、滑りにくいらしいので、試乗が楽しみですね。

加工賃は、12K弱。 アトリエ、ビーンズさんまでの送料は当方負担ですが、加工後の送料はアトリエ、ビーンズさんが負担してくれます。 厳重な梱包でしたよnote

皆さんもいかがですか? 自分だけのオリジナルシートが造れますよscissors

|

« EXIGA-GP60 | トップページ | OIL交換 »

バイク」カテゴリの記事