« ローダウン | トップページ | ワイドトレットスペーサー »

2015年2月 7日 (土)

油圧ジャッキの加工

年に何回か、自分の車とカミさんの車のタイヤ交換をする時に、油圧のジャッキを愛用している。

前車もそうだったけど、オヤジが使っているジャッキでは、アルファードのジャッキポイントの板金を痛めてしまう。 このジャッキはアーム式になっていて、ジャッキアップする位置が変動するので、ジャッキポイントをこじってしまうみたい。

Img_03951

カミさんのワゴンRにはベスト。硬質ゴムのアタブターを使用しても、ジャッキポイントに斜めの力がかかってしまう。 このジャッキはジャッキアップすると、この黒い部分が上がりながら左から右のセンター方向に移動するのである。

今日、ディーラーに行った時に、油圧ジャッキが使えるポイントを教えて貰った。 そこを使えば、フロントなら左右が同時にジャッキアップできる。効率も良いしね。

早速、やりたい作業があったので、ジャッキアップしてみたら、ジャッキのストロークが全然足りないcoldsweats01 やっぱりこの車は車高が高いんだよね。

そんな事から、工作をしてみた。

Img_03961

家にあった木端と、1/4”のユニオンでこんな物を作製。 ちなみにコレはリア用。フロントは木端を2段から1段にして使用する。

Img_03941

硬質ゴムを外すとこんな感じなので、センターの穴にセットすればずれないで「木端アダプター」が固定できるhappy01

Img_03971

これでリアのジャッキアップが可能。 真中を少しお釜のように削ってあげれば、座りも良くなるね。見た目は良くないけど、タダだから◎  さすがにフロントはこの高さでは入らないので、1段抜けば、ジャッキアップできる事を確認した。

|

« ローダウン | トップページ | ワイドトレットスペーサー »

」カテゴリの記事