« ボル号の整備(フロント編) | トップページ | 新型セレナ »

2016年10月 2日 (日)

ボル号の整備(冷却水&エアクリ)

ボル号の整備の第二弾として、クーラントの入れ替えとエアークリーナーの整備をした。

Img_09931

古いクーラントの抜き出し。 汚れてはいないけど、色が薄くなっているsign02

Img_09921

作業はココから始める。タンクを上げて、左側のクランクカバーを外す。まだしていないけど、折角なので、クラッチのフルードも入れ替えをするのが得策。

Img_09941

前回の入れ替え時は純正品を使ったが、今回は汎用品を使用。 純正品より高品質かもsign02 濃度の指定は30%だけど、コチラは約50%品。 そのまま使えると書いてあるので、そのまま使っちゃうことにした。 リザーブタンクを含め、容量が3L程度などで、使用量からしても、ほぼ全量入れ替えが、できた。 水洗浄は必要ないとの情報から、リザーブタンク以外は洗浄していない。

Img_09951

タンクは外さないので、シリコンチューブにロートを付けて、クーラントを補充する。 補充前に、ドレンボルトのシーリングパッキンを新品に交換。 

続いて、エアークリーナーのメンテ。

Img_09981

ボル号はK&Nのリプレイスメントフィルターを使用しているので、まずは専用の洗浄液で洗浄をする。 取説を見たら・・・・ 英語coldsweats01 堪能な語学力downで「洗浄液をスプレーして10分経ったら水で洗う。」と理解する。

Img_09971

たいして汚れてはいない。

要は、古いOILを洗い流して、新しいメンテナンスOILを塗布するだけ。

洗浄剤は、界面活性剤に苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)が入っているみたい。素手で作業したら、手がヌルヌルする。

とにかく気が済むまで洗剤で洗って、あとは乾かすだけ。 オヤジは、使わなくなったドライヤーを使って乾かした。 ドライヤーの長時間使用は危険なので、様子を見ながら、乾燥happy01

Img_10081

後日、乾燥後にフィルターOILを塗布した物がコレ。 塗りすぎだと思うが、エアーブローして調整する。 ムラがあるのもどうかと思うので、つい塗りすぎちゃうhappy02

|

« ボル号の整備(フロント編) | トップページ | 新型セレナ »

バイク」カテゴリの記事