« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月24日 (水)

CSBツーリング 箱根、温泉&うな重を楽しむ編

ユーチューブの見過ぎで、タイトルの付け方が変わってきている(爆)

4月14日(日)に久しぶりにツーリングに行ってきた。4/14は各地で桜が満開かつ暖かい最高のツーリング日和だった。

朝、7時に市原PAに集合。 オヤジ事だが、家を出発してすぐ、タコメーター&スピードメーターなどが動いていない!

原因はすぐ判った。10Aのヒューズをとばしてしまったようだ。何故かも分かっていた。原因はオヤジのイタズラが元。家に戻り、すぐ復旧させ駆けつけた。

【CSB】ココでは初めて登場する名前だが、そもそも、ずいぶん前から定期的なツーリングや飲み会は、このCSBメンバーのイベントである。

メンバーは地元の同級生およびジローちゃんのお兄さんの「ひろかずさん、通称アニィ」で構成されている。

CSBはジローちゃんがリーダー的存在で、企画や道案内など、ほぼすべて彼がやってくれる。 ジローーちゃん~感謝!!!

Img_25421

総勢7台。ココどこだった?老化が進んでいます。見づらいが、奥の方にもっちゃんのニンジャが停まっています。一番手前が、ジローちゃんの「GSX-S 1000GT」最新技術が注がれた1台。バイクにクルーズコントロール・・らくちん! 余談だが、バイクに自動運転はつまらん・・と思う。

今回、定例のCSBの忘年会で、暖かくなったら、箱根の日帰り温泉内にある、お店で「また美味しいうな重食べよう!」ってことから企画された。

Img_25681

箱根、大観山でのワンショット。芦ノ湖を望める。大観山来たいはすごい混雑していた。普段なかなか見れない車やバイクのオンパレード状態。もっと近かったら、チョコチョコ来たい場所だ。

Img_25661

目的のうな重。日帰り温泉「天山湯治郷」にある食事処「山法師」のうな重。オヤジの中で2番目にココの、うな重が美味しいと思っている。一番は、やっぱり三島の「桜屋」かなぁ~。今度、CSBメンバーで行く予定だ。

14時頃には自宅に戻ってきた。久しぶりにボル号を洗車し、ピカピカに磨き上げた。皆さん、事故もなく無事に帰って来た事が何よりだ。

次回は三島かなぁ~ 今回、ちーちゃんが大切な用事のため不参加だったが、次回は是非、ご一緒しましょう!!

 

|

2024年4月19日 (金)

にゃんこ愛がとまらない。

我が家には4匹の猫がいる。いつも癒してくれる大切な家族だ。

話は変わるが車には今まで、その時その時の思い入れのあるステッカーを1枚だけ貼るのが、オヤジの拘りだった。

最近はドラレコ監視中のステッカーは抑止力のために貼っているのは例外としている。

Img_25521

大切なボル号のBIG1プロジェクトのシールの下に・・・・ おまけに一番のセンターに・・・・ にゃんこ愛がとまらない。

車にも貼ってしまった・・・・【ドラネコ監視中!】& 猫ステッカー 拘りは捨てた! にゃんこ愛がとまらない。

|

2024年4月13日 (土)

最近買った工具

最近はあまり工具を買っていなかった! ってか欲しいと思った物は買ってしまった感がある。

そんな中、第何弾か不明だが紹介します。

Img_25371_20240413110101

マキタのペン型インパクトドライバー・マキタ互換マルチツール・電気関係の工具3種。

Img_25381

ちなみにケースのマキタの緑ロゴはオヤジが購入後イタズラして着色した(笑)この工具は浜野町にあるツールオフで購入した。店内を見ていたら一目ぼれしてしまった。インパクトドライバーでガン型のインパクトドライバーより軽量で使いやすい。電設関係の方たちが愛用しいるようだ。正逆転のトリガーを触った瞬間に、さすが「マキタ」を体感できる。入力に対して回転速度がリニアに変化するところが絶品である。こちらは本体・7.2Vバッテリー2個・充電器・ケースがセットになっている。通販での売値の半額程度で購入した。新品同様の外見からしても良い買い物であったと自負している。

Img_25411

左から裸端子用の圧着ペンチ・真ん中がギボシ用の圧着ペンチ。右側がワイヤーストリッパー。今まで汎用マルチな圧着ペンチ(数千円)を使っていたが、うまく圧着できないことが結構あった、ギボシは圧着部分が『くるっと丸まり』しっかり圧着できないといけないのだが、変な潰れ方をしてしまう。裸端子の圧着も、しっかりトルクがかかりしっかり圧着しないと、少し引っ張っただけで電気コードが外れることがあった。圧着ペンチは「IWISS」(アイウィス)製。ギボシ用はコードの芯部分と被覆部分を同時に圧着する仕様になっていて便利だ。圧着端子について調べてみたが多種ある事が分かった。こちらは圧着部分を端子に合わせ交換できる。ワイヤーストリッパーが「エンジニアリング」製。コードの皮むきが簡単かつ確実にできる代物。買って良かった工具の一つになった。

Img_25401

最後はマキタ互換のマルチツール。正直安物だ。でも使用頻度の少ないオヤジとしては、使う機会があれば便利なツールである。こちらはディスクサンダーの回転部分が偏心し左右に動く(振動し)削ぐ・研磨・切断が刃を選ぶことで可能になる。多様なツールが用意されているため、一説によれば、大工さんなどは必須なアイテムになっているようだ。

購入後、マキタ互換との事から、マキタ純正バッテリーや互換バッテリーを装着しても嵌らない!!! やっぱり、あちゃら製だ。付属の18V、6000mhのバッテリーは付くが・・・ 写真でお分かりのようにマキタ純正のバッテリーの半分程度しか大きさが小さく、コレで6000mhな訳が無いよね。結局、バッテリーの各構成パーツをチェックしたところ、ある部分の厚みがありすぎるのが原因だった。新品を使う前に躊躇なく削ったが、お安いのでお構いなし! ようやくマキタのバッテリーがセットできるようになった。試運転したが、安物の割に、とりあえず使えるみたい(爆)先ほどマキタのインパクトドライバーのすばらしさを語ったが、こちらは1~6までの無段階調整ができる!?が、目盛りの5から6の所で急にフルパワーになるドッカン仕様だ(笑)さすが、あちゃら製・・・・

 

 

|

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »