住まい・インテリア

2022年4月24日 (日)

こんな物、作ってみたシリーズ

最近はYouTubeばっかり見ているせいか、タイトルの付け方も変わってきたと思う✋

どうでも良さそうなものを、材料費タダで作製してみた。

Img_23791

コレ何? 暗くなった時に、玄関を照らす、センサー付ソーラー照明だ。 購入した時は玄関の奥まった壁に付けていたが、すぐに点かなくなった💦 原因は、ソーラー充電がされないようだ。 そこで設置場所を変えることにした。

Img_23751

久しぶりの溶接機の出番だ。鉄筋棒の角度を合わせ斜めにカットして、平板に溶接した。

Img_23761

こんな感じに作製。ソーラーパネルの受光角度と照明の角度を緻密?に計算?してこの角度になった💡 この後、見えるところはサビ止めと見た目から、ビバブラック塗装をした。(ラッカースプレー)

Img_23791

なるべく邪魔にならず、目立たないようにこの場所を選んだ。ソーラーパネルはやはり受光角度が重要のようだ。一見、南向きの明るそうな場所でも、直射日光が当たらないと、この手の製品は使えない。

|

2022年2月26日 (土)

まな板作り

我が家のまな板は生前の父親が、私が結婚した頃に作ってくれた物を、もう30年以上、使い続けていた。(桧のまな板)

先日、カミさんが『まな板が反って使いづらいから真っすぐに削って!』との事だったので、まっ平にしてみたら、厚みが15mmになってしまった(笑)軽くて使いやすいが、まな板としての品格?が薄れた(ショボく見える)ので、自分で作ってみることにした。

まずは桧の一枚板の入手だが、簡単に用意できると思っていたが、この辺のHCでは入手できなかった。市内の木材屋を探し回ったが、建設系の木材屋では取り扱いがなく、建築系の木材屋で入手ができた。ただ、ネットショッピングで、サイズは小さめだが2K程度で買えるので、高価な部材はNG。

Img_23391

購入した桧の一枚板。節目もなく良く乾燥した良さげな平板。 サイズは縦1100mm×横270mm×厚み36mm程度。 端の部分に割れや欠けがあるけど、実用部分には問題が無い。これで2枚のまな板を作製した。

Img_23361

先日、購入した電気カンナを含め、このような工具を駆使し作製開始。

作り始めて今更ながら直角を出す!真っすぐ削る!まっ平にする!事の難しさを痛感する。まっ平にするプレーナーも無いし、どこを基準に、すべきかもわからなくなっていく。それでもL型定規や水平器を駆使して、何とか寸法を合わせていく(笑)

Img_23421

コチラは、ある方にプレゼントした、まな板。無難に丸みを付けて見栄えを整えたタイプ。ひたすらオービルサンダーで平らに仕上げたので、一応まっ平に仕上がった。

Img_23431

コチラは我が家用。プレゼント用を先に作ったので、その失敗や経験を生かしてみた。電気カンナを使うと簡単に削れてしまうので、どんどん小さくなってしまう(笑)なるべく削らずに仕上げてみた。我が家用の拘りとして、なるべく丸くせず、直線的に仕上げたかった。

Img_23441

角を丸めず、直線的に仕上げてみた。我が家のキッチンの仕様に合わせ、縦440mm×横250mm×厚み30mm程度。以前のまな板より一回り大きなサイズにした。

最近、ハマっているYouTubeで『大工の正やん』というチャンネルを良く見ている。やはり職人技が半端ない! そんな動画を参考にまな板作りをしてみたが、できないことは数多い。

究極のまな板作りとは、縦・横・厚みが均一の板を作り、最終仕上げを手鉋で仕上げる事だと思う。手鉋で仕上げると、まな板の表面に、水が付いても水玉になり染み込みにくいらしい。サンダー仕上げは、表面が厳密には荒れているので、水が染み込んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年9月13日 (日)

トイレの修理

バイクのブログのはずですが・・・

やれそうな事は何でもやる! 今回はトイレの修理をした。

ほとんど使わない2階のトイレだが、便器にチョロチョロ水が漏れている。

以前、1階のトイレも修理した事があるので、原因はすぐ判った。

給水タンク内のゴム玉の劣化。

早速、ゴム玉を交換すべきパーツを入手し交換したら、オーバーフローの配管が劣化により根元から折れた⤵

このタイプのトイレは経年劣化で仕方ないらしい。

早速、アマゾンにてフロート弁をゲット。

作業には給水タンクを外す必要があるが、やってみたら意外に簡単。手持ち工具でサクッと終了。

51k8h5ncnsl__ac_sx466_ 

こんなパーツ。これはINAXのDT-889のフロート弁。下の部分が給水タンクの外側から固定するためタンクを外す必要があった。コレで水漏れが解消した。

|

自宅の修理

今更だけど・・・

昨年の台風15号の被害で、所々が壊れていたので、ようやく今年の6月頃から修理&メンテナンスを実施。

施工店は『樽石塗装店』 社長はオヤジの同級生🎵 良い仕事をしてくれました。

塗装から屋根の修理・雨どいの修理など一貫してお任せした。

Img_20121 

こんな感じって・・・そのままだと自宅がばれるので、画像処理しました(笑)

施工箇所は、屋根を含めた塗装・ベランダの防水加工・雨どい修理・屋根の修などなど。

外壁の色は、ベージュから明るめの黄色。オヤジはもっとシックなブルー系にしたかったけど、家族会議で却下⤵ 女系家族のため、趣味が合わない(爆)

今回同級生のたかひろ君にも便宜を図ってもらい、安く仕上げて貰った。 同級生各位に感謝!!

 

 

 

|